2000年06月25日

就業形態多様化の動きと処遇の実態

  武石 恵美子

文字サイズ

就業形態が多様化し、非正規労働が拡大してきている。
非正規労働者の多い小売業における雇用面、処遇面での実態をみると、正社員との違いを意識しつつも、非正規労働者の能力活用を図るための制度変更が行われており、今後、非正規労働者の雇用のメリットを生かしつつ、労働者にとって納得性の高い雇用システムの整備が求められる。

武石 恵美子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【就業形態多様化の動きと処遇の実態】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

就業形態多様化の動きと処遇の実態のレポート Topへ