2000年06月25日

移民が支える米国の経済成長

  山田 剛史

文字サイズ

米国の経済成長においてニューエコノミーとともに見逃せない要因が、90年代に史上最多の1,000万人に達する移民の増加である。
IT関連の高度技術者や、ヒスパニックなどの低賃金労働者の流入は、労働力の供給だけでなく、賃金上昇圧力の抑制や生産性の向上など、広範な経済効果をもたらしている。
移民の経済効果は少子・高齢化の進む日本にも示唆を与えるものである。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【移民が支える米国の経済成長】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

移民が支える米国の経済成長のレポート Topへ