2000年06月25日

バリュー投資かグロース投資か

  遅澤 秀一

文字サイズ

今年に入ってから株式市場は、昨年の牽引役の情報通信銘柄が崩れ出し変調を来した。ITバブルの声も聞こえる中で、投資信託のあり方や株価形成の問題が露呈した。
だが、わが国で、商品販売政策の都合で投資スタイルが偏向したのは、今回に限らない。基本に帰り、運用者の超過収益率の源泉としての投資スタイルを再考する必要があるだろう。

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【バリュー投資かグロース投資か】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

バリュー投資かグロース投資かのレポート Topへ