2000年06月09日

郵便貯金の満期の経済効果

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点:定額貯金の大量満期>

  1. 4月にはじまった定額貯金の大量満期で、2ヶ月で4兆円程度の流動性の資金が家計の手元にながれこんだ。
  2. 現金や流動性預金を中心にマネーサプライの伸びが高まったほか、消費にも好影響を与えたものと考えられる。2000年度の景気は、好調な企業部門から消費の拡大につながるかどうかにかかっているが、消費にも明るい兆しが出てきたと判断される。
  3. 1-3月期の実質GDPは前期比2.4%の高成長となり、99年度でも0.5%成長となって98年度の大幅マイナス成長を脱し景気の回復が確認された。

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【郵便貯金の満期の経済効果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

郵便貯金の満期の経済効果のレポート Topへ