2000年05月25日

米英生保の株式会社化をめぐる動き

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

今次国会で保険業法の改正が成立し、わが国でも生保相互会社の株式会社化が現実味を帯びたものとなってきた。
金融サービス業界の競争激化を受け、欧米では一足早く生保会社の株式会社化が一大潮流となっている。
先進事例としての米英両国の第2位生保を取り上げ、株式会社化を巡る最新の状況をレポートする。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【米英生保の株式会社化をめぐる動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米英生保の株式会社化をめぐる動きのレポート Topへ