2000年05月25日

韓国経済の構造改革の成果と課題

  李 世勲

文字サイズ

アジア経済危機に襲われた韓国が、OECD加盟国でありながらIMF等の緊急支援を受ける事態に陥ってから2年半が経過した。
この間、経済は危機的状況から急速に持ち直し、政府主導で強力に進められた金融・企業改革に対しては国際的にも高い評価が寄せられている。
韓国の構造改革の帰趨は、アジア経済の新たな発展可能性を占う試金石でもあり、今後の日本経済にとっても注目すべき点が多いように思われる。

このレポートの関連カテゴリ

李 世勲

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【韓国経済の構造改革の成果と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

韓国経済の構造改革の成果と課題のレポート Topへ