2000年05月12日

消費の先行きにバランスシート問題のカゲ

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点:家計の硬直化>

  1. 家計支出の中で住宅ローンの返済など借入金返済の割合が高まっている。年収に対する債務の比率が上昇するなど家計のバランスシートには悪化がみられる。
  2. 所得低迷下では、手取り所得のうちで借入金の返済のための「必需的な貯蓄」の割合が高まって家計が硬直化していることが、消費拡大の制約になる恐れがある。
  3. 住宅投資を景気対策に利用することには、家計の将来の支出を先取りしてしまうという問題があり、低成長下では見直しが必要ではないか。

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【消費の先行きにバランスシート問題のカゲ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消費の先行きにバランスシート問題のカゲのレポート Topへ