2000年05月01日

ゼロインフレ下でのインフレーションターゲティング

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■intrduction

4月12日の記者会見で速水総裁がゼロ金利政策の解除に意欲的に言及したことからマーケットでは一時、「早期ゼロ金利解除」への思惑が高まったが、(1)マネーサプライの伸びはむしろ鈍化、(2)内外から景気刺激の継続を求める声も強いことから、早期解除の可能性は低く、当面財政・金融政策は景気刺激を続けざるをえない。
しかし、財政赤字は先進国中でも最悪の状況となり財政面からこれ以上の対策は難しいとの認識が強まっており、金融政策に追加刺激策が期待される。
本レポートでは金融緩和策の一つとして提言されているインフレーションターゲティングについて検討してみたい。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【ゼロインフレ下でのインフレーションターゲティング】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ゼロインフレ下でのインフレーションターゲティングのレポート Topへ