2000年05月01日

年金スポンサーの最良執行への関わり

文字サイズ

近年、年金スポンサーの間で、運用機関に対して最良執行を求め、執行のモニタリング・評価を行う動きが見られるようになっている。ただし、超過収益の獲得を目指すアクティブ運用では、表面的なコストだけでなく、投資アイディアの実現という、表面化しない機会コストにも十分な注意を払う必要があるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【年金スポンサーの最良執行への関わり】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金スポンサーの最良執行への関わりのレポート Topへ