2000年05月01日

米国のマスタートラスト制度(3)

文字サイズ

前回は、米国年金ビジネスの発展状況を整理した後、マスタートラストの多様なサービス内容について紹介した。今回は、運用パフォーマンス評価サービスを巡るマスタートラスト機関と年金コンサルタント会社の状況を概観した後、マスタートラストの収益源であるグローバル・カストディ、有価証券貸付業務について解説し、本シリーズの最終回とする。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【米国のマスタートラスト制度(3)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国のマスタートラスト制度(3)のレポート Topへ