2000年04月25日

NPOが拓く21世紀の成熟社会

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

わが国では98年12月にNPO法が施行され、国民のニーズが多様化した時代の新たな社会経済システム構築に向けてその役割が期待されている。
これからの成熟社会を拓くと思われるNPOの概念や範囲、NPO法の立法過程から認証状況、組織やマネジメント特性、行政とのパートナーシップなど今後のNPO発展に向けた課題や可能性について展望する。

このレポートの関連カテゴリ

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【NPOが拓く21世紀の成熟社会】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

NPOが拓く21世紀の成熟社会のレポート Topへ