2000年04月21日

米経済:軽視できない金融引締め効果

  日本大学経済学部教授 小巻 泰之

文字サイズ

<今週の焦点:米経済に景気変調の芽はないのか?>

  1. やや過熱感の出始めた米景気に対し、99 年6月以降FRB は金融引締めに転じた。しかし、政策転換の効果が減殺されているとの見方が多い。
  2. 過去、景気変調(景気後退に至らない場合も含め)に先立つ経済的な兆候として、持続的なインフレ率の上昇、その後の金融引締め転換が挙げられる。
    1) 引締め転換の3四半期後に成長率がピークを迎え易い。現在、住宅面で影響は顕在化へ
    2) インフレ率が3.5%(下記グラフ・変化率では1.5%)を超える状況になると、過去は景気変調を迎えた。現在コアは2%弱だが、CPI 全体では3%弱と警戒ゾーンにある。

<最新の基礎研インデックス(P5参照)>

  • 二面等価月次GDP:3月はうるう年の反動で▲0.9%。1-3 月期は2%超の大幅成長に
  • 為替インデックス:5月の▲2.1%と緩やかな円高圧力の継続

日本大学経済学部教授 小巻 泰之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米経済:軽視できない金融引締め効果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米経済:軽視できない金融引締め効果のレポート Topへ