2000年04月07日

設備投資の回復ペースは過去平均並み

  日本大学経済学部教授 小巻 泰之

文字サイズ

<今週の焦点:設備投資の回復は本物か>

  1. 日銀短観などに示されたとおり、設備投資は企業収益の改善を背景に回復軌道に入った。しかも、回復ペースは過去の景気回復期並みと、設備投資の景気牽引役は期待できる。
  2. 今回の設備投資増加は製造業が主導。もっとも製造業全体の伸びの7割近くはIT関連が占め、過剰設備が新規投資を抑制している状況も変化がない。したがって、設備投資は数値上、意外な伸びを示すが、景気の回復感の高まりは期待できない。

<足もとの景気~最新の基礎研インデックスより(P4参照)>

  • 設備投資の動意にもかかわらず、民間消費の低迷から、足もとの景気は横這いとペースをおとしている(3月のフラッシュは、▲0.1%と2カ月連続で横ばい)

このレポートの関連カテゴリ

日本大学経済学部教授 小巻 泰之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【設備投資の回復ペースは過去平均並み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

設備投資の回復ペースは過去平均並みのレポート Topへ