2000年04月01日

為替ヘッジ戦略について(上)

文字サイズ

政策アセットミックスの構築にあたって、通常、分散投資の観点から、外国株式、外国債券といった資産クラスが組み入れられる。その結果、リターン獲得機会の拡大、リスク分散等の効果が得られる一方、新たに「為替リスク管理」という難問が生じる。そこで、為替ヘッジに関する、実務上の取り扱いについて、連載で考えてみたい。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【為替ヘッジ戦略について(上)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

為替ヘッジ戦略について(上)のレポート Topへ