2000年03月23日

第8回 STP法に基づく18ヵ月経済予測

  経済調査部門

文字サイズ

<目次>

  1. 予測概要
  2. 景気の現状を直視する
  3. 三つの二極化
  4. 企業のリストラ行動が個人消費へ与える影響
  5. 二極化が収斂したドイツ経済、欧州経済は3%の成長
  6. 好調な消費がつづく米国
  7. 輸出がピークアウトし、正念場を迎えるアジア経済
  8. GDPを1%引き下げる2000年度の財政政策
  9. 予測値一覧
  10. (参考)STP法とは

このレポートの関連カテゴリ

経済調査部門

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【第8回 STP法に基づく18ヵ月経済予測】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

第8回 STP法に基づく18ヵ月経済予測のレポート Topへ