2000年03月01日

医療費抑制に寄与する一般用医薬品市場の活性化

社会研究部 上席研究員   百嶋 徹

文字サイズ

■intrduction

医療費抑制のためにセルフメディケーション推進策も必要に
医療保険財政の逼迫を受けた医療費抑制策の矛先は、医療費の25%前後を占める薬剤費の圧縮に向けられている。ここでいう「薬剤」とは、医師の処方によって使用される医療用医薬品である。現行の医療保険制度では、医療用医薬品の大半について保険から医療機関に支払われる際の価格は、厚生省によって定められ、この公定価格を薬価基準価格(薬価)という。
厚生省は薬価を引き下げることにより、薬剤費抑制を図ってきた。96年度から3年連続で薬価が引き下げられたのに続き、2000年4月からの新薬価も7.0%引き下げられることが決まった。
ただし、やみくもに薬価引下げを続けると、製薬企業の体力を弱め新薬開発力が低下するリスクがある。そこで、軽症の疾病については、セルフメディケーション(自己治療)を推進する政策も必要となってこよう。一般消費者が医師の処方箋なしで薬局・薬店で自由に購入できる薬剤は、一般用医薬品(OTC薬:Over The Counter)といい、セルフメディケーションの普及にはOTC薬市場の活性化が不可欠である。

このレポートの関連カテゴリ

61_ext_01_0.jpg

社会研究部   上席研究員

百嶋 徹 (ひゃくしま とおる)

研究・専門分野
企業経営、産業競争力、産業政策、産業立地、地域クラスター、イノベーション、企業不動産(CRE)、環境経営・CSR

レポート

アクセスランキング

【医療費抑制に寄与する一般用医薬品市場の活性化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療費抑制に寄与する一般用医薬品市場の活性化のレポート Topへ