2000年03月01日

失業率は5%を越えるか

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

■intrduction

最近の雇用情勢
最近の雇用環境には一部に明るい兆しが見え始めた。労働需給を表す代表的な指標である有効求人倍率は、99年5月の0.46倍を底に改善傾向に転じ、2000年1月には0.52倍まで持ち直した。また、所定外労働時間は、生産活動が活発化してきたことから、製造業を中心に99年夏頃から明確な増加傾向が見られる。完全失業率も、99年3 月に4.8%と調査開始以来の最悪を記録した時には「5%を越えるのは時間の問題」という声が多く聞かれたが、その後上昇には歯止めがかかっているようにみえる。
しかし、失業率は、以下に述べるような理由から、今後再上昇し5%を越える可能性が高い。だが、これは必ずしも雇用環境の実態的な悪化を意味しない。失業率の中味やその他の雇用関連指標の動きを合わせてみることが必要である。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【失業率は5%を越えるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

失業率は5%を越えるかのレポート Topへ