2000年03月01日

回復の持続が期待される企業収益

  小本 恵照

文字サイズ

■intrduction

回復に転じた企業収益
これまでの企業収益の動きをみると、バブルが崩壊した90年代初めから94年にかけて大きく落ち込んだが、94年から97年にかけては、景気が回復傾向をみせる中で、売上の増加とともに回復を示した。しかし、その後は、多くの企業で売上が減少するという、かつてない厳しい経済環境の中で減益が続いてきた。
98年の半ば以降、企業収益は再び改善傾向を示しつつあり、99年度は製造業を中心に2桁の増益になると予想されている。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【回復の持続が期待される企業収益】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

回復の持続が期待される企業収益のレポート Topへ