2000年02月25日

確定拠出型年金制度の税制検証

生活研究部 主任研究員   松浦 民恵

文字サイズ

確定拠出型年金制度の税制の枠組みがほぼ固まった。
確定給付型からの移行等に対して税制面で配慮されており、退職金制度等の多様化の受け皿としても期待される。
一方、特別法人税課税や、個人拠出への制限的な税優遇は、既存の枠組みを考慮した結果と考えられるが、これらについては、老後のための自助努力支援の必要性や、退職給付制度のあり方に関する議論に立ち戻った上で、再考する余地があるのではないか。

このレポートの関連カテゴリ

38_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

松浦 民恵 (まつうら たみえ)

研究・専門分野
雇用・就労・勤労者生活、少子高齢社会

レポート

アクセスランキング

【確定拠出型年金制度の税制検証】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

確定拠出型年金制度の税制検証のレポート Topへ