2000年01月25日

失業者の深刻度指数からみた雇用情勢

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

労働市場 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

失業問題の実態を正確に見るためには失業率といった量の統計だけでは不十分であり、その中味にも注目すべきである。
失業の質的側面を見るために作成した「深刻度指数」は98年以降急上昇しており、最近の雇用環境の厳しさを裏づけている。
今後については、失業率の改善が限られている一方、深刻度指数には低下余地が残されているため、その動向が注目される。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【失業者の深刻度指数からみた雇用情勢】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

失業者の深刻度指数からみた雇用情勢のレポート Topへ