2000年01月25日

アジア経済の回復

  李 世勲

文字サイズ

■目次

1.急回復するアジア経済
2.輸出動向を反映した両極化現象
3.持続的な金融・企業改革が不可欠

■introduction

アジア経済が急回復している。特に99年下期に入り、韓国、シンガポール、マレーシアなどは、各国の大幅な通貨安と米国経済の好調を背景とした輸出増加、低金利や財政支出による景気浮揚効果等から、V字型の回復を示している。
中国を含むアジア9カ国の実質GDP成長率は、98 年のマイナス0.4%から99年には6%程度に達する見込みである。2000 年は、これまでNIEs に比べて出遅れの感のあったASEAN 諸国の回復も本格化するため、5%半ばの成長が続くと予想される。

このレポートの関連カテゴリ

李 世勲

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【アジア経済の回復】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア経済の回復のレポート Topへ