1999年12月25日

高齢期の社会参加を支援するシステム整備へ

  武石 恵美子

文字サイズ

高齢期にも、自身の経験や能力を社会の中で発揮したいというニーズは高く、就業をはじめ、様々な社会活動を通じた能力発揮の場が求められている。
高齢社会において、高齢者のこうしたニーズを受けとめ、就労や地域活動等への社会参加を支援する仕組みの整備が必要であり、その支援システムのモデルをAARP(全米退職者協会)に見ることができる。

武石 恵美子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【高齢期の社会参加を支援するシステム整備へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢期の社会参加を支援するシステム整備へのレポート Topへ