1999年12月01日

拡大する財政赤字と経済成長

  山田 剛史

文字サイズ

■要旨

(1)景気回復を掲げる小渕内閣の積極財政により、国債の発行額が増加している。補正予算後の99年度予算の国債依存度は43%、発行残高も335兆円と過去最高を記録する。
(2)公的部門の赤字は拡大しているが、日本全体では貯蓄超過にある。ゼロ金利政策のなかで、国債は過剰流動性を吸収し実需に転換する役割を果たしている。
(3)公共投資の乗数効果と税収の累進性を考えれば、国債発行による公共投資は税収増加効果もある。90年代の米国の財政赤字改善は、景気拡大による税収増が主因である。
(4)発行された大量の国債を円滑に消化するには、景気拡大後の自然増収を償還財源に充てるなどの償還ルールや、発行形態の多様化が求められる。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【拡大する財政赤字と経済成長】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

拡大する財政赤字と経済成長のレポート Topへ