1999年11月25日

米国バブルのサステナビリティー

  山田 剛史

文字サイズ

景気拡大を背景に上昇が続く米国株だが、現在の水準は3割がバブルと考えられ、暴落する懸念もある。
バブルの崩壊を予測することは難しいが、先行指標となるボラティリティーの動きに注目すると、株価は来年に調整局面入りする可能性がある。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国バブルのサステナビリティー】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国バブルのサステナビリティーのレポート Topへ