1999年11月25日

通説「確定拠出型年金は雇用流動化にプラス」はほんとうか

  臼杵 政治

文字サイズ

確定拠出型年金の導入は、雇用の流動化に資するというのが通説である。
だが、従来の退職金制度でも運用次第で流動化へ対応できる。
むしろ、確定拠出型導入の意味は、もともと退職金のない層に新たな老後保障を提供する点にある。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【通説「確定拠出型年金は雇用流動化にプラス」はほんとうか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

通説「確定拠出型年金は雇用流動化にプラス」はほんとうかのレポート Topへ