1999年10月25日

英国の年金制度をめぐる動き

  小松原 章

文字サイズ

英国では80年代の保守党政権時、公的年金の職域年金、個人年金による適用除外制度を推進したことに伴い、私的年金市場は発展成長し、欧州では最有力市場となっている。
97年に労働党政権に代わってからも、政府側は中堅層向けの新しい年金制度(ステーク・ホルダー年金)を2001年までに導入する方針を打ち出すなど顕著な動きを見せており、その動向が注目される。

小松原 章

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【英国の年金制度をめぐる動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

英国の年金制度をめぐる動きのレポート Topへ