1999年09月25日

拡大の兆しが見え始めたEコマース

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

日本でもPCとインターネットの家庭普及率の上昇を背景に、Eコマース(電子商取引)が注目をされ始めている。
ここでは日本の情報環境と「企業と消費者間(B to C)」のEコマースの現状と課題を簡略に検討する。
その上で、企業と消費者間のコミュニケーションを中心に、Eコマース普及のための要件を探ることにする。

このレポートの関連カテゴリ

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【拡大の兆しが見え始めたEコマース】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

拡大の兆しが見え始めたEコマースのレポート Topへ