1999年09月25日

解消が加速する株式持合い

  井上 英昭

文字サイズ

株式持ち合いの解消が加速している。99年3月末の持合比率は16.02%と8年連続の低下となり、調査開始来の最低水準を更新した。
株式持ち合いの解消は96年度から顕在化しているが、解消の主体は当初の事業会社から金融機関へと変化している。
わが国企業システムは、持ち合い解消によってグローバル・スタンダードに近づくが、企業経営権の安定装置としての機能を、今後どうするかについても検討しなければならない。

このレポートの関連カテゴリ

井上 英昭

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【解消が加速する株式持合い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

解消が加速する株式持合いのレポート Topへ