1999年09月01日

米国年金基金におけるリスク管理の現状

文字サイズ

米国の代表的な年金基金や財団などの資産運用責任者が集まって、「投資マネジャーや機関投資家のためのリスク基準」(RS20)が作成され、リスク管理の重要性が広く再認識された。そして、一部の先端的な基金では、VaR(バリュー・アット・リスク)等、新しい手法を採用する動きも出てきている。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【米国年金基金におけるリスク管理の現状】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国年金基金におけるリスク管理の現状のレポート Topへ