1999年06月01日

公的年金改革の経済効果

文字サイズ

現行の公的年金制度は人口構成の変化に依存しているため、少子・高齢化社会の到来により抜本改革が求められている。積立方式へ移行すれば、制度の維持可能性が高まると共に、成長率の上昇などマクロ経済にもプラスの効果をもたらす。基礎年金を税方式に変更した場合にも、制度内の不公平が解消される他、成長率や貯蓄率が上昇するなどの経済効果が得られる。

レポート

アクセスランキング

【公的年金改革の経済効果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

公的年金改革の経済効果のレポート Topへ