1999年05月25日

険しい設備投資回復への道のり

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

■目次

1.懸念される企業活動の低迷
2.設備投資本格化に必要な稼働率指数の水準は「104」
3. 過去の設備投資回復パタ-ン
4. 過剰設備の廃棄に向かう産業界

■introduction

景気は底を打ったという認識が一部で見られる一方で、今後の回復力の弱さが懸念されている。それは企業活動の低迷が続いているからである。景気の山(97/1Q)と比較すると、足もと(99/1Q)の生産は約10%、設備投資は約20%も低い水準にある。
生産は、在庫調整の進展もあって、99 年末にかけて底打ちするものと予想される。
しかし、設備投資についての見通しは引き続き暗い。膨大な過剰設備の蓄積により、今回の景気後退局面においては、製造業の設備稼働率がかつてない水準にまで落ち込んでしまったからである。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【険しい設備投資回復への道のり】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

険しい設備投資回復への道のりのレポート Topへ