1999年04月25日

基礎年金「税方式」とナショナル・ミニマム

法政大学 社会学部   長沼 建一郎

文字サイズ

消費税の福祉目的化が行われる中で、基礎年金の税方式への移行を主張する声は強い。
「基礎年金は全国民共通のナショナル・ミニマムであるから、すべての人が支える税方式が望ましい」という論調だが、生活保護との関係を含めた具体的な制度設計、また今日的なナショナル・ミニマムのあり方など、なお検討を要する課題は多い。

法政大学 社会学部

長沼 建一郎

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【基礎年金「税方式」とナショナル・ミニマム】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

基礎年金「税方式」とナショナル・ミニマムのレポート Topへ