1999年04月25日

1割の企業が401k型年金の導入に前向き

文字サイズ

今年1~2月に実施した「ニッセイ景況アンケート」によると、日本版ブッグバンがスタートして1年が経過するなか、複数の金融業態が運用商品等を企業にアプローチしている状況がうかがわれる。
話題になっている401k型年金については、4割の企業がおおよその内容を認知しており、1割が導入に前向きな意向を示している。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【1割の企業が401k型年金の導入に前向き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1割の企業が401k型年金の導入に前向きのレポート Topへ