1999年03月25日

生保会社のディスクロージャー

  小松原 章

文字サイズ

生保のディスクロージャーは年々充実しつつあるものの、業種の特殊性もあり、なお理解が困難である。
消費者に自己責任を問う前提としてのディスクロージャーの充実は今後ともに不可欠であり、そのより一層の機能発揮のために、経営のさらなる透明性の確保、外部アナリスト等の機能充実、消費者等への教育・啓蒙活動の強化などが期待される。

このレポートの関連カテゴリ

小松原 章

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【生保会社のディスクロージャー】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

生保会社のディスクロージャーのレポート Topへ