1999年03月25日

家電リサイクル法とその影響

  松尾 忠史

文字サイズ

家電メーカーにリサイクル処理を義務づける家電リサイクル法が2001年4月に施行される。
廃家電リサイクルを新たなビジネスチャンスとみて参入する企業もあり様々な形態のシステムが検討されている。
家電リサイクル法は課題もあるものの、将来的にはリサイクル率の向上やコストの削減が見込めるため大きな効果が期待できる。関係業界の英知を集めて廃家電のリサイクルシステムを構築することが求められる。

このレポートの関連カテゴリ

松尾 忠史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【家電リサイクル法とその影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

家電リサイクル法とその影響のレポート Topへ