1999年01月25日

急がれる非製造業部門の専門人材強化

  窪谷 治

文字サイズ

日本経済の長期低迷の背景には欧米で成長している情報、金融等の新たな成長分野を核とした産業構造転換が図れなかったことがある。
GDPの70%を超える非製造セクターの国際競争力を高めることが、わが国にとって喫緊の課題である。
そのために最も急がれるのは国際的にも通用する非製造セクターの専門人材の育成・確保である。

このレポートの関連カテゴリ

窪谷 治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【急がれる非製造業部門の専門人材強化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

急がれる非製造業部門の専門人材強化のレポート Topへ