1999年01月01日

年金への株式現物拠出による積み立て不足対策

文字サイズ

「ソニーが年金をはじめとする退職給付支払いの財源として、持ち合い株式を信託する」との報道が注目を集めている。持ち合い株式の活用と積み立て不足の圧縮という、一石二鳥の効果があるが、同時に、いくつかの課題も示されたものと思われ、説明したい。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【年金への株式現物拠出による積み立て不足対策】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金への株式現物拠出による積み立て不足対策のレポート Topへ