1998年11月25日

東京の投資用不動産市場動向

  山方 俊彦

文字サイズ

昨年末の金融機関の破綻以降、景気低迷等からオフィス需要は伸びず、低下していた空室率は上昇に転じた。
今後都心の多くの大型ビルが計画されている一方、オフィス需要の急拡大は見込めない。

このレポートの関連カテゴリ

山方 俊彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【東京の投資用不動産市場動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京の投資用不動産市場動向のレポート Topへ