1998年11月25日

競争促進が求められる内航海運

  木村 達也

企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

内航海運業では66年以降、新船舶建造には既存船をスクラップするスクラップ&ビルド(S&B)方式の船腹調整がとられてきたが、近年の規制緩和気運の高まりのなか、S&B調整は98年5月に解消された。
しかし既存船のスクラップ権が営業権化していたことから、解消による激変を緩和する措置がとられたため競争原理の導入浸透は十分でなく、実質的な競争促進が望まれる。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

木村 達也

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【競争促進が求められる内航海運】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

競争促進が求められる内航海運のレポート Topへ