1998年10月25日

STP法18ヶ月経済予測

文字サイズ

景気は18ヵ月(98/9月時点)に及ぶ深く長い後退局面にある。大企業と中小企業の格差が顕在化し、景気の回復に時間を要す。景気の底入れは99/4-6月期だが、2極化の中で立ち上がりの力は弱い。
日本の実質成長率は98年度▲1.7%、99年度+1.0%と予測する。
99年度も政府は追加補正に追い込まれるが、将来の財政ビジョンを明確化し、国民に必要があれば耐乏と希望を示し、危機をバネに動かすことが重要である。

レポート

アクセスランキング

【STP法18ヶ月経済予測】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

STP法18ヶ月経済予測のレポート Topへ