1998年09月25日

わが国への確定拠出型年金の導入と課題

  津田 真吾

文字サイズ

わが国への確定拠出型年金の導入が実現に向け本格的に動き出した。
自民党や労働省が財形年金の改良案を打出す一方、厚生省は基礎制度の補完的な仕組みを検討している。しかし税制優遇措置の導入など、解決すべき課題も多い。

このレポートの関連カテゴリ

津田 真吾

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【わが国への確定拠出型年金の導入と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

わが国への確定拠出型年金の導入と課題のレポート Topへ