1998年09月25日

株式持合いの最近の動きについて

  井上 英昭

文字サイズ

不良債権問題が深刻さを増すなかで、かつての高成長の原動力とされていたわが国企業システムの欠陥が多数指摘されている。
株価の長期低迷によって、これまで経営権の安定をもたらしてきた「株式持ち合い」も同様である。
98年3月末の株式持合比率は調査開始来の最低水準となり、解消の加速化が見られる。

このレポートの関連カテゴリ

井上 英昭

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【株式持合いの最近の動きについて】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式持合いの最近の動きについてのレポート Topへ