1998年07月25日

STP法による18ヵ月経済予測

文字サイズ

98年度の日本の景気は、民需低迷から2年連続のマイナス成長。
景気の転換点は99/4-6月期。在庫・資本ストック調整の進展から経済は自律的に回復に向かう。98年度▲0.3%、99年度+1.5%成長。
今回は日本経済の喫緊の課題である不良債権処理についての提言も行った。

レポート

アクセスランキング

【STP法による18ヵ月経済予測】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

STP法による18ヵ月経済予測のレポート Topへ