1998年05月01日

アセット・アロケーション実践に取引コストの壁

文字サイズ

年金基金は、基金の成熟度や掛金負担能力を勘案して、長期アセット・アロケーションを具体的な運用目標として掲げているが、取引コストを考慮すると、この運用目標を厳密に実践することが、必ずしも「最適」とは限らないのである。

レポート

アクセスランキング

【アセット・アロケーション実践に取引コストの壁】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アセット・アロケーション実践に取引コストの壁のレポート Topへ