1998年04月01日

IAS19(1998年改訂)「従業員給付」(1)

文字サイズ

98年1月の国際会計基準委員会(IASC)理事会で、国際会計基準(IAS)19号の改訂となる「従業員給付(Employee Benefits)」が、最終決定された。そこで、この基準における給付建て制度の会計処理を中心に、連載で解説することにしたい。今回は、IAS19(改訂)の概要と、退職給付債務・費用の評価方法となる予測単位積増方式について説明する。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【IAS19(1998年改訂)「従業員給付」(1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

IAS19(1998年改訂)「従業員給付」(1)のレポート Topへ