1998年02月25日

どうするニュータウンの高齢化-多摩ニュータウンのケース

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄
  白石 真澄

文字サイズ

■目次

1.はじめに
2.多摩ニュータウンの現状
3.ニュータウン区域住民の居住に関する意識
4. 今後のニュータウン整備の方向

■introduction

わが国では高度経済成長期に東京圏をはじめとする大都市圏に多くの人口集中が起こり、東京圏ではその人口の受皿として1960年代になって郊外部に大規模なニュータウンが計画された。当時、ニュータウンは新たな都市型ライフスタイルを具現化するものであったが、その後30年以上が経過し、人々の価値観やライフスタイルも大きく変わり、新たな時代の中での課題を抱えている。ここでは東京圏近郊部の代表的な多摩ニュータウンのケースから、今後本格的な高齢社会を迎えるニュータウン固有の問題と課題解決の方向を展望してみたい。

60_ext_01_0.jpg

社会研究部

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

白石 真澄

レポート

アクセスランキング

【どうするニュータウンの高齢化-多摩ニュータウンのケース】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

どうするニュータウンの高齢化-多摩ニュータウンのケースのレポート Topへ