1997年12月25日

1998年度経済見通し-低迷続き、 0.5%成長。 当面、 高い下振れリスク

文字サイズ

■目次

1. 国内経済 ~スパイラル的下降リスクの高い状況
2. 海外経済

■introduction

増税等の負担増、反動減などから景気は97年度初より後退局面入りし、民間需要の低迷が長期化している。97年度は▲0.1%と74年度以来のマイナス成長となろう。金融システム不安、アジア経済の混乱等が加わる中、当面、スパイラル的な下降りリスクも高い。98年度は景気下支え要因に乏しく、低迷基調が継続し、0.5%成長にとどまろう。

レポート

アクセスランキング

【1998年度経済見通し-低迷続き、 0.5%成長。 当面、 高い下振れリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1998年度経済見通し-低迷続き、 0.5%成長。 当面、 高い下振れリスクのレポート Topへ