1997年09月25日

構造改革を迫られる日本の財政

経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー   櫨(はじ) 浩一

財政・税制 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1. 財政の現状
2. 財政改革の歴史
3. 財政再建の論点
4. 残された問題

■introduction

現在日本の財政は巨額の赤字を抱えており、21世紀の高齢社会で対応が困難になる前に抜本的な改革が必要である。政府は財政構造改革を初めとする6つの改革に取り組もうとしているが、これらは相互に関連した問題であり一体的な取組が求められる。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事 エグゼクティブ・フェロー

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【構造改革を迫られる日本の財政】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

構造改革を迫られる日本の財政のレポート Topへ