1997年06月25日

加速するコンビニエンス・ストアの地方展開

  瀬木 基子

文字サイズ

■目次

1. 増加する大手の地方出店
2. 地方出店増加の背景
3. 1店舗当たり売上高の地域格差

■introduction

大手コンビニエンス・ストア (以下 CVS) チェーンの地方*への出店が増加している。 大手8社の総店舗数を地域別にみると、 85 年度には 2,766 店だった地方 CVS は、 その後の 10 年間で 12,796 店へと大幅に増加し、 その構成比は 36%から 48%にまで高まっている (図表-1)。
また 85 年度と 95 年度の店舗純増を比較すると、 85 年度は純増の 58%が大都市部であり、 しかもその8割弱は首都圏と、 首都圏集中型であったのに対して、 95 年度は 57%が地方の純増となっている。
主要 CVS チェーンでは、 今後も地方を中心に多くの新規出店が計画されている (図表-2)。 特に新規エリア開拓に最も力を入れているローソンでは、 97 年度には地方4県への出店が計画され、 これにより CVS 業界初の全都道府県出店を果たすことになる。

このレポートの関連カテゴリ

瀬木 基子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【加速するコンビニエンス・ストアの地方展開】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

加速するコンビニエンス・ストアの地方展開のレポート Topへ