1997年05月25日

さらなる改革が望まれる公社債市場

  新美 隆宏

文字サイズ

■目次

1. はじめに
2. 公社債市場の現状
3. 公社債市場発展の要件
おわりに

■introduction

日本版ビッグバンが、(1)Free(市場原理が働く自由な市場に)、(2)Fair(透明で信頼できる市場)、(3)Global(国際的で時代を先取りする市場)、を3原則として議論され、企業の資金調達が間接金融から直接金融へと大きくシフトするなかで、公社債市場の果たす役割が、重要性を高めつつある。
そこで、本稿では、近年の公社債市場の規制緩和・市場改革の動向を整理し、機関投資家の立場から、特に社債市場に重点を置いて、公社債市場の理想像を考えてみたい。

新美 隆宏

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【さらなる改革が望まれる公社債市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

さらなる改革が望まれる公社債市場のレポート Topへ